« 店舗情報 | トップページ | クーポン »

Kodawari03_03

Kodawari01_03

~「なぶら」とは?~

「なぶら」とは、漁師用語で『魚が群がる様』のことを言います。たくさんのお客様でにぎわってほしいとの思いで名づけました。
なぶらのラーメンは、魚ベースのスープがこだわり。
是非味わいに来てください!店内でも、釣り好きな店主がお待ちしております!!

~味のこだわり~

なぶら

コンセプトとしては、子供からお年寄りまで食べられるとんこつをイメージして作りました。
豚の頭を約1日半、強火で煮ることにより、とんこつ特有の臭みを抜き、うまみとコクを残したスープに仕上がっています。
タレは特性の塩ダレを使用し、香ばしさを出すために黒ゴマをプラス。
最後までスープにコクを残すためにナッツをふりかけているのが特徴です。

黒とん

「黒しょうゆとんこつ」との名称で、オープン時より期間限定ラーメンとして提供してきましたが、あまりの人気でグランドメニューになってしまった、リピート率No.1のラーメンです。
『黒』とは、タレに使用しているたまりじょう油と香油として使用しているマー油を言います。
麺には黒とん専用として、スープに負けないよう太ちぢれ麺を使用しているのが特徴です。

魚魚(とと)

その名の通り、全ての工程において魚のだしを使用しているラーメンです。
スープにおいては、いわしにぼし、かつお節、さば、昆布を使用。
タレは、いわしにぼし、さんまにぼしを弱火でじっくり煮出しています。
スープが冷めないよう、表面にいわしで作ったラードを浮かせているのが特徴です。

こだわり店主

~店主修行物語~

Kodawari02_07

平成16年に(株)らーめん屋たまぞうに修行。
最初はたまぞう(府中)の2号店ぐうたら(三鷹)に配属される。
この頃、重いずん胴鍋などを持つことが多い仕事のため、椎間板ヘルニアになってしまい、つらい修行の日々を送る。
地道な努力の甲斐あって、平成17年にたまぞう店長に抜擢。
平成17年12月になぶら(八王子)を独立、現在に至る。
(株)たまぞうから独立した店舗としては二店目。

~たまぞうで共に学んだ、なぶら兄弟店~

一店目 ぼんくら(日野)

二店目 なぶら(八王子)

三店目 次男坊(小金井)

平成20年には四店目も出店が予定されている。


« 店舗情報 | トップページ | クーポン »